ペット共生デザイナーズ賃貸マンション 東京都中野区野方 駅徒歩5分ウィンクルム野方 ペット共生型マンション

  • お問合せ・内見申込はこちら
  • ご予約申込はこちら


建築家インタビュー

 

 

ウィンクルム野方の建築設計・監理を担当した株式会社環境建築設計の宮坂正寛所長と一級建築士・片桐由弘さんに、デザイナーズマンション・ウィンクルム野方の魅力について伺いましたぞ。
豊富な実績をもつ設計事務所ならではのデザイン力やこだわり…。 わしも知らなかったウィンクルム野方のヒミツが満載じゃ。ぜひ、ご覧あれ。

 

幾筋もの商店街が連なり、活気あふれる野方駅周辺。
うぃんくるむ博士 野方駅から続く北原通りを曲がると、商店街の賑わいがうそのようで、じつに閑静ですなあ。
宮坂所長 この辺りは古くからの住宅地ときいています。どのお宅も庭木がよく手入れされていて、四季を通じて美しい街ですね。
片桐さん 朝夕は、犬を連れてのんびりと散歩している人をたくさん見かけますよね。気持ちいいでしょうね。
   
周辺環境 周辺環境 周辺環境
写真左手は北原小学校。 季節ごとの花々に癒されます。 緑、花々が多く美しい町

 

博士 おっ、ウィンクルム野方が見えてきましたぞ。住宅地に建つマンションということでどんな点を意識したのですか?
宮坂所長 建築の高さも10mまでという制限がある中で、敷地が約120坪、三方が幅約4mの道路に面しているこの土地を
最大限に特徴付けるコンセプトとして浮かんだのが「戸建て住宅」だったんです。
博士 マンションなのに「戸建て住宅」・・・?
宮坂所長 はい。住宅街との連続性、そして、周囲の住民の方々に与える印象を考慮すると、あまりボリュームがあって、
威圧感を与えるような建物はどうしても避けたいですよね。
そこで、なるべく小さなスケールのものが重なってひとつの集合住宅を形成しているようなデザイン、
そのなかに柔らかさだとか、優しさみたいなものを表現したいと思いました。
片桐さん 例えば、通常のマンションのバルコニーは、横に連なるひとつのかたまりになりますよね。
ウィンクルム野方は、一戸一戸を一般の住宅のスケールに合わせていくという考え方をしています。
こうして細かくすることで威圧感がなくなるというわけです。
素材も、あまり強い自己主張をせずに、コンクリート打放しにタイルやガラスを組合わせることで、
変化に富んだ、柔らかい印象に仕上げています。
宮坂所長 ペットと暮らす方々にも「明るさ」「清潔感」「希望」というものを感じてもらえるデザインに仕上がったと思います。
 
周辺環境 周辺環境 周辺環境
住宅街に溶け込むウィンクルム野方の外観 「戸建て住宅」を意識した外観デザイン  

 

周辺環境 周辺環境  
照明デザインも美しいエントランス
(撮影:篠澤写真事務所)
メールボックス(左)と宅配ロッカー  

 

 

 

幾筋もの商店街が連なり、活気あふれる野方駅周辺。

 

博士 1階住戸は道路から直接出入りして、2階・3階の住戸はメインエントランス〜エレベータ〜内廊下という
アプローチ。とても個性的じゃ。
片桐さん そうですね、この土地は三方向が道路に面しているので、1階の住戸は道路からじかにアプローチするという
独立性の高い、まさに「戸建て感覚」に近い住戸ができました。
宮坂所長 この1階住戸は、共同性を持たない共同住宅、というか、建築基準法でいうと「長屋」というんです。
2階、3階は「小型犬2匹までOK」ですが、1階は独立住宅と同じ扱いとなり、大型犬2頭までOKということになりました。
博士 みなさん、「大型犬OK」という賃貸マンションはなかなかないから、とっても貴重ですぞ。
   
住戸プランニング 住戸プランニング 住戸プランニング
前面道路からダイレクトにアプローチする長屋スタイルの1階住戸(9戸)   1階住戸は、大型犬もOK。
(撮影:篠澤写真事務所)

 

幾筋もの商店街が連なり、活気あふれる野方駅周辺。
片桐さん 南側の1階住戸(5戸)はメゾネットタイプで、そのうち2戸には存在感のある螺旋階段を採用しました。
ちょっと発想を変えて生活を楽しんでいただきたいなと思っています。
博士 赤いカラーがとてもスタイリッシュじゃ。ネコちゃんも喜びそうですにゃ。
   

 

住戸プランニング 住戸プランニング
(撮影:篠澤写真事務所)
住戸プランニング
(撮影:篠澤写真事務所)

 

 

幾筋もの商店街が連なり、活気あふれる野方駅周辺。
片桐さん 共同住宅において、道路に面した1階というのは、女性の方が住みにくいというのが一般的です。
しかし、ウィンクルム野方の場合は、道路に面していること自体が、逆にプラスに作用すると思います。
博士 そりゃまた、どういうことじゃ?

片桐さん 南側の1階住戸(5戸)は、道路より約1m、床の高さを上げているので、道を通る人を見下ろすかたちになります。
同じ高さだと「見られている」感覚がありますが、1m上がることで「こちら側が見ている」という意識になるんです。
一言でいうと「見せた形での防犯性能」といえますね。ここから人が覗くというのを、逆に建物からも見えますよ、と。
宮坂所長 この1m上げるメリットはほかにもあるんですよ。メゾネット住戸の地下部分は、 完全な地下ではなくて
少し上がっているので採光性が高い。
一方、メゾネット以外の1階住戸も、そのぶん天井を高くとっているのでとても開放的な空間になっています。
当然、2階の床も1m高いので通常のマンションの2.5階くらいの高さに、3階も同様に3.5階くらいに高さになるため、眺望感・開放感が高くなっています。

   
住戸プランニング 住戸プランニング 住戸プランニング
防犯性と快適性を高めた1階住戸

道路より1m高い室内から見下ろすことで防犯効果も高い(1階南側住戸) 地下のお部屋にも光と風が入りやすい

 

幾筋もの商店街が連なり、活気あふれる野方駅周辺。
博士 居室は、反転タイプも含めて、すべて異なるタイプということですね。
すりガラスの門扉を設えてあったり、高窓のある部屋があったり、広いルーフバルコニーがあったり・・・。
ちょっと面白いデザインや工夫がありますな。ダウンライトもおしゃれです。
片桐さん そうですね。ぜひ、実際のお部屋を見学していただければと思います。すべてバリアフリー対応ですし、
設備も充実させています。一番小さい部屋(約21屐砲任眇綣りや設備は同じレベルです。
単身者、DINKS、高齢者…どなたでも暮らしやすく、ご満足いただけると思います。
宮坂所長 見えない部分にもいろいろと工夫していますよ。
全住戸とも、外壁に面している壁の一部に鉛入りのボードを採用したり、室内の吸気口をスポンジを使った
入れ子構造のものにしたりして遮音性を高めています。
片桐さん インターネットをつなぐ際のアダプターも、洗濯機置場の上や収納の中などに設置でき、
居室内のコネクターに回線をつなげばOKという接続環境にしてあるので、空間がすっきりとまとまります。
博士 セキュリティも充実してますね。
片桐さん 外構、共用部に13台の防犯カメラを設置してあります。
万が一ペットが飛び出したとき、前面道路で事故やトラブルがあったりした場合も、
全て記録していますから安心です。訪問客にはモニターつきのインターホンで対応できますし、
個別にセコムのホームセキュリティと契約すればすぐサービスを受けられるように設計されています。
   
住戸プランニング 住戸プランニング 住戸プランニング
南東側、角は駐輪場。

北西側、手前は駐車場。

開放感のある広いバルコニー。

住戸プランニング 住戸プランニング 住戸プランニング
個別にセコムのホームセキュリティと契約すればすぐにサービスを受けられます。 共用部や屋上を合わせて13台の防犯カメラを設置(モニター画面) 2階・3階は中廊下。換気扇もついてます。
(撮影:篠澤写真事務所)

 

 

 

ペット専用設備

 

博士 そして、なんといってもペットケアサービスの専門家であるアドホック株式会社と提携して、
さまざまな専用設備を取り入れているのも大切なポイントじゃ。
片桐さん 「リードフック」はエントランスや各住戸の玄関はもちろん、ゴミ置き場や駐輪場など、
いったん物をおかないといけないところはすべてつけています。2階、3階は内廊下なので、
ペットが道路へ飛び出すという心配がないですし、床材は滑りにくいものを採用しているので、
ペットの股関節の負担も軽減できます。換気扇もまわっていますから臭いの問題もクリアしています。
宮坂所長 エレベーターには、ペットの臭いが残らないよう「エレ香」という消臭機能がついています。
「ペットボタン」を押せば、各階に「ペット乗車中」のランプが出て、顔を合わせないようになっています。
博士 まさに至れり尽くせりですな。そして、屋上には「ドッグラン」があるんじゃ!
片桐さん そうですね。屋上ドッグランでは、犬をノーリードで遊ばせることができますから、
忙しくて散歩に出られないときなどは便利ですよね。そして、とても見晴らしがいいですから、
いろんな風景を楽しんでもらえます。富士山も見えますしね。

 

ペット専用設備 ペット専用設備 ペット専用設備
エントランス横に設えたフットシャワー。温水も出ます。(撮影:篠澤写真事務所)
大型犬のフンも砕いて流せる「うんちダスト」。エントランス横のゴミ置場内に設置されています。 駐輪場のリードフック(手前)。ゴミ置き場や玄関などにも設置してあり便利です。


ペット専用設備 ペット専用設備 屋上ドッグラン
ペットボタンでエレベーター内のトラブルも防げます。

1階EVホールのエアコン

眺望に恵まれた屋上ドッグラン。富士山も見えます。

 

 

植栽計画&メッセージ

博士 最後に、植栽計画について教えてください。
片桐さん 最初にお話しましたが、この周辺にはとても緑が多いですよね。すぐ近くにも公園があります。
ですから、そうした緑と連続するように、極力、外構部分はコンクリートで打たないで、土に植栽をしているんです。
コデマリ、ヤマブキ、ユキヤナギ、ビョウヤナギ、ドウダンツツジ、それから果実がなるヤマモモも植えています。
落葉系の樹木がほとんどなのですが、その分、四季折々の自然の美しさを身近で楽しんでいただけます。
壁面緑化も採用しているんですよ。南側の白いメッシュフェンスにツタ類を植えてあり、
2年くらいでツタが伸びて緑の葉が青々と茂り、道路からの目線もさえぎってくれるでしょう。
宮坂所長 建物の3つの角には、シンボルツリーとして「大山豆桜」を植えました。
春になると、やや濃い目のピンク色の花をさかせる早咲きの桜です。数年後には7〜8mの高さに成長して、
地域の方にも愛される景観となるでしょう。
植栽のメンテナンスは、オーナーが懇意にしている飯田林業さんに行っていただきます。
ウィンクルム野方に携わった人々のこだわりや協力があって、行き届いた建物管理が実現でき、
環境とのバランスもとてもいいマンションになりました。
博士 将来は、すがすがしい緑と美しい花々に囲まれた暮らしを楽しめるんですな。
永く住んでいただけばいただくほど、楽しみが増しますね。
宮坂所長 今回は、オーナーさんのほうで「VINCULUM」=「絆」という意味のマンション名をつけられました。
ご入居者とペットの絆はもちろんのこと、地域の皆さんともペットを介してお友達になったり
コミュニケーションを深めたりして、新しい人間関係をつくっていただきたいと思いますし、
地域の方々からも愛されるマンションになることを期待しています。
博士 宮坂所長、片桐さん、お忙しいところ、どうもありがとうございました。

 

植栽&メッセージ   植栽&メッセージ   植栽&メッセージ
近くの公園からウィンクルム野方を望む


大山豆桜。数年後には美しいピンクの花を咲かせてくれます。

同じオーナーの「サンクリバージュ野方」前の大山豆桜は、地域の方々にも愛されています。

植栽&メッセージ 植栽&メッセージ 植栽&メッセージ
四季折々の草花が目を楽しませてくれます。

土に植栽を施して潤いを創出。

(撮影:篠澤写真事務所)

 

 

 


 

このページのトップへ

トップページ 物件概要 設備・仕様 交通アクセス 周辺環境 暮らしガイド うぃんくるむ博士のガイド

空室情報

お問合せ・内見お申込み

ご予約お申込み

住戸プラン
主な間取り図

for ペット

セキュリティ

共有スペース

各戸

マルチメディア


駅からの案内図
路線図

野方駅周辺

野方6丁目周辺

公園

公共機関
銀行・郵便局
医療機関
生活関連
交通機関
ペット関連

ペット専用設備紹介
ご入居者特典サービス
建築家インタビュー
PHOTO gallery

野方商店街の紹介

 

 

 

関連物件
野方駅北口徒歩1分 デザイナーズ賃貸マンション   野方駅北口徒歩1分 学生専用 デザイナーズ賃貸マンション
サンクリバージュ野方新館   学生館